負担ゼロで家を建てる??-賃貸併用住宅-

注目を集める賃貸併用住宅

賃貸併用住宅というのは、ふつうの住宅の中に賃貸住宅を入れ込んだ住宅のことです。

併設した賃貸住宅から、家賃収入がはいってくるので、ローンで家を建築してもその住宅ローンの支払いを軽くすることができます。
普通賃貸アパートを建てようとしたら、金利が高いアパートローンを使わないといけない場合も多いのですが、
賃貸併用住宅の場合、自宅として使う部分が多ければ、普通の住宅ローンが使えます
同じ賃貸住宅を建築するには、賃貸併用の方が、金利も安くすみます。

万が一ローン返済中に、大黒柱のご主人が亡くなhった場合、生命保険でローンがなくなるので、家賃収入がその後の生活費に当てられます。
またローン返済後には、老後の資金に家賃をあてることもできます。
ローンの額より家賃収入が多ければ、その差額はそのまま収入にもなります。

最近では、大手の建築関係の会社が賃貸併用物件を扱うことが増えてきています。

大手の建築関係の会社があつかっている賃貸併用物件には、一括借り上げ制度をとっている物件もあり、
大家さんにとっては、安定的な収入が得られる場合もあります。

このように多くの利点のある賃貸併用住宅は、現在少しづつ人気が出てきています。
まだまだ市場規模は小さいですが、不動産屋さんのチラシには、載りはじめてきています。

これからなにか不動産投資をはじめたい方にとっては、賃貸併用住宅は頭の隅でも置いておいた方がいいでしょう。

もちろん、今現在家をもっていてリフォームを考えているなら、単なるリフォームよりはお金がかかりますが、
出来た後の収入のことを考えると賃貸併用住宅に改築も考えてみてもいいかもしれません。